profile

 メッセージなど

 いつも!ありがとうございます。

お問い合わせ
  ↓

  時々メールチェック
しています。
すぐに気が付かない
場合があります。


カスタム
 ご自分のバイクは自己責任で  整備して下さい。
 
 

categories

TOP

パーツチェック



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

archives

900R Collection Bana



 

 MYニンジャアルバム

www.flickr.com
tackbon7's お気に入り photoset tackbon7's お気に入り photoset

ブログ登録バナー

mobile

qrcode

search this site.

サイドスタンド長くしたら、センスタにあたるよな〜。な説明。



センタースタンドとサイドスタンド。

よう、わからん。という声もあるので
適当な動画にした。

最後は、ガシャーン!という効果音を自分で、言ってください。
干渉してる感がUPします。

SportMAX Qualipier タイヤ交換

taiya01
17インチ化してからはじめてのタイヤ交換です。
ミシュラン....長持ちしたのかなぁ。17インチにしたことで、旋回能力が上がったように感じてたので、タイヤの効果がどうだったのかは、わからないんですが、今回は、比較していけそうです。
非常に楽しみです〜。ミシュランのタイヤは、たまぁ〜に、ひやっと滑った事があるのでその印象が強いです。
あ。わたしの運転が未熟のせいもあるんでしょうが。わはは。

オーリンズとセンタースタンド

リンク
以前つけていたアントライオンの車高調整キットははずしました。
だって、17インチ用のオーリンズなんだし。楽しい ね。
しかし。写真みてくだされ!
車高によっては、センタースタンドと干渉することがわかりました。
ほんの少しですが.....。ほんの少しです。ほんの....。
なのでリンクを少しだけ削ります。
ちょっとカスタムすると色んなところに影響するんだなぁ。
バランスが崩れるのか良くなるのか.....。ははは。

オーリンズ装着!GPZ900R

パーツ
さぁ!いよいよ装着です。部品はずして......と。
毎回思うのですが、ニンジャの設計おかしいんと違う?
ノーマルサスを抜くのにボルトが外れないよね〜。フレームに干渉する。
干渉
曲げる。今度はもう、さわることないからいいけど.....。謎だ。
そして....。

ん?あれ?
カラーが入らない。見る
カラー
ぐぐぐいっと押し込んでも無理!なんで?おいおいおい。
どないなってんねん。
何度も説明書を見ても間違ってないしっていうか、間違わないでしょ。

なんてこった。チェーンスライダー

ガーン冷や汗
ガーンびっくり
ガーン悲しい
新型チェーンスライダー
せっかく買ったのに.....。
確か。GPZ900R(ALLモデル)と書いてあったような....。
無理じゃん。
スライダ01
ほら。
私のはノーマルマフラーなんだから。
どこにもつけれないよ。
しかも干渉というか、どうしようもない.....。
ノーマルマフラー(エキパイ)これは、無理です。
あああ。かなりショック。ショック

46HRCLS 17インチ用

46HRCLS シングルショック
46HRCLS
シングルショック専用のピストン径46mmシリーズ。
伝統のオーリンズフィーリングの要、Φ46mmピストンは世界の超一流コンペティションの場で永年の実績から生み出されました。
オーリンズ社独自の多断層バルブと相まってオイルの流れを正確にコントロールし、理想の減衰特性を発揮します。また、大径Φ16mmピストンロッドは高精度の真円度、表面粗度を実現。初期入力時は極めてスムーズな作動性が得られます。全モデルにスプリングプリロード調整、伸び側減衰力調整機構付きです。

Type 46HRCLS
リザーバータンクをシリンダーとホースで連結したシングルショック。リザーバータンク側に圧側、ピストンロッド下部に伸び側の減衰調節機構を搭載。スプリングプリロードは調整範囲の広い無段階ネジ式。またスプリングプリロードとは無関係にショック全長を無段階にアジャストできる調整機構を搭載。

.....とネットで調べると書いていました。


46.....ピストン径
メインピストンの直径を表しています。
46mm口径ピストンを内蔵しています。(主にシングルタイプショック)

H.....ド・カルボン式ショックアブソーバー
ピギーバック型。
タンク別体(リザーバータンクをホースで連結)とし、
冷却効果、ダンピング特性、耐久性はさらに向上。

R.....リバウンドダンピング調整機能
のび側減衰力調整機構
(写真、黒い回転つまみ部分)
のび側

C.....コンプレッションダンピング調整機能
圧側減衰力調整機構
(写真、黒い回転つまみ部分)
圧側

L.....車高調整機能搭載
自由長の伸縮が可能
(写真、青部分で調整)
のび側

S.....別体式ハイドロリックイニシャルアジャスター搭載
スプリング上部の円柱を油圧で上下させてプリロードを調整するこの装置は、セッティングを格段に容易にします。
(写真、黒い回転つまみ部分)
油圧


続きを読む >>

| 1/4PAGES | >>