profile

 メッセージなど

 いつも!ありがとうございます。

お問い合わせ
  ↓

  時々メールチェック
しています。
すぐに気が付かない
場合があります。


カスタム
 ご自分のバイクは自己責任で  整備して下さい。
 
 

categories

TOP

パーツチェック



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

archives

900R Collection Bana



 

 MYニンジャアルバム

www.flickr.com
tackbon7's お気に入り photoset tackbon7's お気に入り photoset

ブログ登録バナー

mobile

qrcode

search this site.

KAKU-4 フジツボ版 角度入っております。

 kakukaku-4

アッパーカウルの横のあの部分 Kakukaku-4 フジツボ版
手動量産で、角度ふってあります。




KAKUKAKU-4とボルトの角度を見ると....
これは、アッパーカウルのあの部分が、角度ふられてるんです。
このために、車両で、いろいろ ちょろっと...なんだかんだと あるのですが
ほぼ、いい感じになるんじゃないかと思います。

こういうことね。↓

kakukaku4

カスタムNinja Kakukaku-4 綺麗。

 カスタムにんじゃ

虎さんのGPZ900R は、カスタム進化し、ZZR1100の足になり
ハードランでも心置きなく、アクセルを開けていけますね。


そして、Kakukaku-4 装着!

KAKUKAKU-4

チラッと見える色がいいですね。
技あり!!です。
なるほどなぁ〜。 素敵!

カクカク4


カクカクした部分のネジは、綺麗に隠れました。
なんとなく保護プレートとバランスいいですね。 むふふ。

カスタムニンジャ


カスタム

もう、在庫も切れちゃった...ステッカー!  また、作らねば....
サンキューです!

タンク ステッカー

Ninjaは、足が変わると 印象も変わりますね!
カスタム満足度も高いポイントです。

エキセンは、KAWASAKIらしくて、拘るのも ひとつの道!  男! カワサキ! ここにあり!





Kakukaku-4 まとめ

 KAKUKAKU-4

結局、左右それぞれバージョンが必要なような...そうでないような....。

などなど。

納得いくことなく、こんなもんとして最終をむかえる。



メモ代わりに書いておきます。

凸の調整も、削ったり、幅を変えたりは  アルミなので、ヤスリでも削れるし
マイナスドライバーで、ちょこっと。 きゅってひねると変わります。

調整


削ったり、調整するのもこれが一番 いいかな....
自由にできるしね。 ↓↓↓↓↓↓

KAKUKAKU-4



アッパーカウルの横の部分は、こんなので、少し印象もかわるよ〜的な感じで。

KAKUKAKU-4




(完)

KAKUKAKU-4 奮闘ラスト

 アッパーカウルのボルト

ご協力いただきました。seaさん Ninja
さりげなく、KAKUKAKU-4 装着。
ラストから2つめバージョン、カラーでとめる計画タイプ(調整幅が広がるかなと思ったもの)

下から

KAKUKAKU4

のはずでした。が、実におしい!
seaさんは、工夫して装着してくださいました。
結局色々やってわかった結果、左右違うって事や〜。
で、左右を違うのを作成する手間は、無理。
コストばかりUPしてしまうし。

こんな感じになってしまう。↓↓↓↓↓↓ おしい。 実に.....。

KAKUKAKU4

Ninja



左側はカラーが爪の外側 右側がカラーの内側に....。

という対応で、装着してくださった。 ありがとうです〜♪



さりげなさが、いい感じです。  ほっ。

KAKUKAKU4



ほんと、さりげない。  私の満足度は、高いっす!

アッパーカウル横


seaさん ありがとうございました!!

もう、諦めなよって?  そ。そうですね。そろそろ....

 アッパーカウル横の

もう、これで最後にしますんで....。はい。
誤差のあるカラーに頼らず、そのまま直接ボルトでとめる。
さらに薄くこのステー部分を曲げる術をあみ出したので、ここまで来ましたが...
限界です。
やや大きめの穴にして少し調整できるかな.....。

アッパーカウル横の

これで、駄目なら、これまで。

表面からは、穴のみで、ステッカー等で穴をふさぐ事も可能かな。

アッパーカウル横の

カーボンブラックだとこんな感じ。
いい感じかと思います。

アッパーカウル横の


さて。
もう、これは、ボルト閉めてくださいとしか言いようがないのですが、
こちらでは、穴の位置がずれてしまってたら、もう終わりっすね。

何度も、自分の仏壇アッパーカウルでは、合わせてみてはいるのですが.....不安。


そこで、私以外のNinjaでお願いいたしました。
キリンさんのニンジャです。

キリンさん

NinjaらしいNinjaにカスタムしておられます。
そこへ、kakukaku-4 装着です。
見た感じ、私の思ったように ばっちり!

キリンさん

はい!アッパーカウルの補助っぽい存在で、いい感じ。




ううう。


ポン付けしました画像

ずれてます。

ずれてますね。

もし、希望して手にして下さった場合....。うわ。ズレてるやん! 的な感じっす。

反対側も

ずれてます。


あ〜。 おしい。 

とことんやって、これです。

自分の中でも整理がついた瞬間っすね。わっはっは。

アッパーカウルにキズなどついたら困るので、とりはずしての調整はできないかな...と思い
お願いしてみましたが、

取り外しての調整は困難だという事。そらそうか....。

このように

アッパーカウル横の

ボルトを緩めて、差込のだ簿が抜けるまで下にずらし....
この状態で一旦ボルトを軽く閉めておく

アッパーカウル横の

取り付け部を中心に“えいっ!”と曲げる!

すると微調整が出来るというわけです。

仕上げ

仕上げ



曲がり具合もお写真いただきました。
下写真のような感じです。


曲がり具合


という状況となってしまいました〜。

協力してくださった キリンさん ありがとうございました。
(わかりやすい写真説明とたくさんの写真をいただき感謝です。)

納得いくまで、できました。

どこまでやっても、色んな方法とっても、微調整が必要なモノにしか追い込めなかった.....。

ここ。難しいんだわ。

おかげさまで、ニンジャのここ....詳しくなりました!!




まだ、諦めてないの? って...

 アッパーカウル横

だんだん作成が難しくなる。
もう、この時点で、かなり 諦めモード。

裏....ごっつ苦労してやってます。(そんな風に見えないっすね。)

アッパーカウル横

カラーを挟むのは、調整幅があるかな...という事。
各アッパーカウルによって、どうにか うまく装着できればと願いをこめて。

カラーとゴム 新品。

アッパーカウル横


へたってる場合 ゴムに弾力がないけど、カラーが短く これなら装着できそう。

調整



カラーよりゴムがヘタッテル場合....こりゃだめです。

アッパーカウル横


ゴム自作してもらわなあかんという悲しい結果。
この作業が入ることで、既にもう駄目っすね。

アッパーカウル横


頑張って、加工してるこの薄さ!!!

アッパーカウル横

この薄さの中での処理なので、困難です。


アッパーカウル横


内側のプレートの腰を折る作業の意味は、色々ありです。

アッパーカウル横


カラーで挟み込む方法。 上下に調整幅がでます。(最終こちらが良さそうなので)

アッパーカウル横

これぐらいゴムにハリがあれば、ボルトを閉めていくとしっかり固定されるかと思います。

ボルトは好みで.....。

アッパーカウル横



車両装着は、私以外の車両でお願いしてるので、お写真がいただければ、
この先に追加します。

うまくいくように願ってます。



| 1/4PAGES | >>