profile

 メッセージなど

 いつも!ありがとうございます。

お問い合わせ
  ↓

  時々メールチェック
しています。
すぐに気が付かない
場合があります。


カスタム
 ご自分のバイクは自己責任で  整備して下さい。
 
 

categories

TOP

パーツチェック



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

archives

900R Collection Bana



 

 MYニンジャアルバム

www.flickr.com
tackbon7's お気に入り photoset tackbon7's お気に入り photoset

ブログ登録バナー

mobile

qrcode

search this site.

ALな場合は、サイドとテールは一緒に.....

アルミニンジャ
フレームに合わせて....。
あ。写真撮るときは、おかなければならないので、うううう。
置くとずれちゃう。
とりあえず、テールカウルとサイドカバーの統一性のチェックは、必要なので、両方を同時に作成しなければならない。

結局、片手で、パーツを持って、反対の手で、めいいっぱい引きでパシャ!

アルミニンジャ

どうにかそろってるのでOK!

写真とるのも苦労しますな。

テールカウル.....。 セットしては修正。セットしては修正。

Ninjaテールカウル

合わないときは、仕組みを変えてもう一度トライ!
この部分は、アルミでやる部分じゃないやろ?ってつっこみが入りそう...
PPの成型品だから成立してる形状部分ですよね。
でも、ここは、GPZ900Rにとっては、そこそこ重要な部分です。
シートとテールカウルとの境目です!
ね? 乗ってる人にしかわからないので、ただ作るのではいけない部分です。
以前作成した時とは、少し違う方式。進化させて..ね。

Ninjaテールカウル
ここがうまくいっても、側面との関係がうまくいくのか?
なんせ手強いんですね。
恐るべし!テールカウル!

Ninjaテールカウル

ここだけでも、保護プレートの500倍は、難しい。
あわせたあとにも加工も必要。
きっと装着してからも調整が必要なんだろうな......。

テールカウル.....。 湯水のように時が流れる.....。

テール

細かいわけでして.....。
mm単位の計算は、とても手間で、数字だけ追っていっても、そんな思うようにはいかないのが、アルミ。

図面を書いて、そのとおりに成型できる訳は、ありません。

テールカウル

こうしてやっても、実際に組むときに、うまくいかない!なんて事も多々ありです。
魔法でもかけるしかありませんて!


次に生まれ変わるなら、魔女だな。  あ。女じゃないや。魔王?
いや、王でもないや。

もう、女でいいや。魔女!

ほうきにも乗ってみたいしね! もちろん!アッパーカウルは、取り付けますよ!!

テールカウル
 

テールカウル.....。 きっと、もう最後だと....。

GPZ900R テールカウル
展開!
そう!テールカウルですね。
要素が多いので、単純にカットするだけでも、べらぼーに時間がかかります。
この細かい作業は、アッパーカウルより時間がかかる作業。

アッパーカウルは、形状を真のニンジャにするためのセンスが必要とするならば!
テールカウルは、精密な細かさの地道な作業とあきらめない根性!が必要かな。
なので、一番大変だと言ってもいいと思う。

何がって。そう!ここは、実はサイドカバーとも連動する箇所です。
という事は、サイドカバーとの相性をしっかりと見てあげないといけないパーツになるわけです。
テールカウルは、テールカウルだけでは、完成しないって事!

恐ろしいパーツです。

何も考えなければ、とりあえず形にしたら終わりだろうけど、 ね。
そういう訳にはいきません。

とりあえず、ボツにするのは、もったいないので、ブログ記事ネタにとUPします。

GPZ900Rのテールカウル。
似たバイクは、なくて、ひとめでニンジャだとわかりますよね。
ニンジャのシンボリックな部分でもあるんですよね。

テールから見るのも好きな人も多く、私も好きなパーツです!

リアフェンダーテールフラット

 テールフラット

テール下のごちゃごちゃしたところをフラットシンプル化する。  したい!となっ!
お尻をきゅんと上げてる車両のみのアイテム。

装着は、テールフレームとの間にカラーを入れてから装着していただかなければならないっす。

テールフラット

丁度、サイドカバーとテールカウルの境目までフラットになってるので
後ろから見たら、スラット部分がいい感じのところまで広がります。

面積が広いぃ。 キズ防止のためこのままお渡し。

さて....うまくいくのか.....。

いつか見れる日を楽しみにしてます。

テールフラット

テールが光る!!

 バイクを出す

ブレーキランプが光るんじゃないんです。テールが光ります。
結局、みなが寝静まったあと.....

ごろごろニンジャを押して外へ。

撮影ナイトとなりました。

それは寝静まった後

強引に装着しましたが、ほぼOKとします。
細かいところ気にしてたら、仕上がらんような気がしますわ。
自己満足なので、ゆるいめに心がけます。

眠れぬ夜

Rをあえて、やめました。
全体を何度も、何度も、見て、過去の経験も生かして、
好きなビドルボウやランチャデルタのイメージで....それでも全体は、まとまりそう。

なんか、そんな事を考えてたら、今日は、ええ事を思いつきました。
忘れないように.....。

テールカウルのほうは、このまま行きます。

そこにニンジャがあるから


なぜ撮影するの

ウインカーの位置。少しズレです。くぅ〜。
ま。そないに気にしない。  わはは。

キーシリンダーは、多少動かせることを、今回、はじめて知りました。
単純な.... こんなので留ってるてるとわ。

めのしたにくま




深夜の撮影会、無事終了。 涼しくて、きもちいいですね。

よなよな

| 1/3PAGES | >>