profile

 メッセージなど

 いつも!ありがとうございます。

お問い合わせ
  ↓

  時々メールチェック
しています。
すぐに気が付かない
場合があります。


カスタム
 ご自分のバイクは自己責任で  整備して下さい。
 
 

categories

TOP

パーツチェック



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

archives

900R Collection Bana



 

 MYニンジャアルバム

www.flickr.com
tackbon7's お気に入り photoset tackbon7's お気に入り photoset

ブログ登録バナー

mobile

qrcode

search this site.

出た!お気に入りの仏壇カラータンク

 タンクカバー

あのニンジャのタンク....きっと傷だらけやで。もう廃車やな! てな感じで、
思われてるこのタンクカバー。

大切な仏壇タンクを使用しておりました。
前に用意したのは、壊れちゃったからね。わはは。

しかたなかったんですよ。
でも、大丈夫だと確信してたんですね。ふふふ

タンクをカバーしてるんですから。ピカピカのままです!!

Ninja

仏壇カラー外装一式は、キープしておきたいので、ここで交替です。
このタンクは、保管ですね。

この前から準備してたものに入れ替えておきます。

傷チェック!!

傷なし

グラシィさんでコーティングしてもらったので、すべすべ〜♪

ズ〜ム! 綺麗なままです。 

タンクカバー

タンクカバー作成のときに気を使ってるし、形状が、そのままワンサイズUPって精度!!

傷なし

中を錆びないように油を塗っておきますわ。 5○6は、あきませんよ。 ね。

反対側も傷なしです!  はい!

Gpz900rタンクカバー


メタルファイターのタンクカバーに守られた仏壇タンク。不思議なカバー♪

また、そのうち仏壇カラーの日がくることでしょう〜。

地道な作業...ガソリンタンク

 たいへんサビ

メタルファイターGPZ900Rのインナータンクとして使用するため....
適当な仕上がりで良いので、そろそろ仕上げないと.....。

某オークションで、安く入手した、ガソリンタンク。
なん個めか....使用可能にするために作業してきたが!!!!

安いタンクは、結局、高くつく!と実感!!

いや...確実に実感。

次回かたは、最初から綺麗なモノを入手することに心に誓う!



入手したときは、こんな感じのサビ。
サビは、花さか爺さんに任せれば、いいけど、花さか爺さんを購入しないといけないし
なんせ、時間をかけないといけない!
ま。ほとんど放置で良いのですが、やっぱ手間なか。

錆取りは、花咲爺



1回でも、こんなに綺麗になる花さか爺さんは、今のところ、最も良いと感じた。
タンクの中の錆は、綺麗になるので、そないいに気にならない。

サビ


コーティングしたほうが良いように感じた。
一度、中をコーティングしたタンクを使った事あるのですが、綺麗でよかったです。

過去のタンクの写真↓なのですが...端っこに錆が残ります。

サビとります

ちょうどタンクの左右の下部分ですね。
ここは、タンク内の水分もたまる可能性もあり、錆がきて...そのうち小さな穴になります。
気をつけてね〜。
写真にもほら...サビ残ってるでしょ〜。ふふふ
あんなふうに残るよぉ。


で、私は、凹み等をパテで埋めながら、地道な作業を繰り返します。
ペーパーで、削ってチェックしての手作業です。さすが素人!!わはは

サビとり


こんなにタンクに時間かけるなら.....もう、お金出して、そこそこのモノを入手したほうがいいよ。
とこの段階で、既に心折れてます。

この後、当然、缶スプレーたくさん。
そして、ガソリンに負けないよう、ウレタン樹脂系缶スプレー。

など購入して、作業してたら....

インナータンクなのに....。


これ、インナーじゃなく、普通にタンクとして やってるライダーの方尊敬しますわ。
けっこう大変な作業ですぞ。

形状変更点

 フラット化

以前のは、こうやって缶が置けませんでした。
左右から挟みこみ、固定するため、レトロなオートバイのタンクのような感じにしておりました。
丁度、ヘルメットを置いた写真を見れば、突起部分があるのがわかります。

前の形状

頑丈で、操作性も良く気に入っておりました。
昭和の経済の成長に勢いのあるオートバイが熱い時代の感じ。

前の形状


それを、フラット化し、やや次の時代へ入った感じへ.....。
なので、缶ジュースが置けます。(たまたま、ショッカーが出ちゃった。V3だったらよかったのに)

今の形状

GPZ900R アルミタンクカバー 完成です。

JUGEMテーマ:KAWASAKI
 アルミタンク gpz900r

この前のニンジャのナイトミーティングの時は、加工の途中で時間がなくなり
家の用事優先で済ませて出動したので、GPZ900Rのほうが中途半端でした。
そう!上の写真の矢印の箇所です。

ミーティングで見られた方は、わかったと思うのですが......。

説明もしてないし。なんじゃこりゃ? 仕上げが悪いなぁ〜って思われた方もおられるのでは?
わはは。

まだ、途中なんだろうな...と思ってくださった方! さんきゅ〜です。

その通りでして、ようやく加工しました↓

アルミタンク gpz900r

シートにかぶってこないよう、下へ回りこませました。
ここは、複合Rなので、アセって加工せず、良かったです。

ケツ上げしてるのでサイドカバーの位置がやや前ですが、うまく加工できました。


そして、ここも!!  ↓ ピッタリです。(ミーティングの日はカットしたまま)

アルミタンク gpz900r

タンクにも人にも優しい処理です。

外へ出して写真とる余裕がなかったので、部屋で撮影です。
満足度UPしました。

ニンジャ タンク

ニンジャ タンク

ニンジャ タンク

タンクのチェック

 タンクチェック

カバーをしてから、しばらくがたちました。

中は、キズだらけ?

と心配をしながら、オープン!!



おし!!  キズなし!

タンクチェック02

魔法だね!!
タンクのカバー機能としても いけるんでない!? ふふふ

苦労して、カバーする方法を考えてよかったです。
仏壇のまま、カバーしてもいけたかもですね。  そんな勇気はないですが....。

仏壇タンクをさび止めコーティングしようかと思いましたが、

錆び保護

これもいと聞いたので、試してみようかと思います。

錆びないで、保管できるかなぁ〜。

タンクの蓋をとりつけて完成!

 作業05

蓋の部分を最後に取り付けました。
これでGPZ900R用アルミタンクカバーは、取り付け完了です。


作業06

アッパーカウルとの統一性もばっちり
折り目のラインは、しっかり決まりましたね。

数箇所気になる部分....ありますが、時間がありませんので、修正せず、このまま行きます。

なんか....
いつも時間に追われてますね。

今回は、3日ほど徹夜が続いてるので、かなり眠たい。
4日目に突入か....。

本業CGも速くシーンを作成してしまわなければ、地獄をみそうです。


作業07

じゃ〜ん!!

GPZ900R ニンジャ アルミアッパーカウルに続く アルミタンクカバー リベットバージョン!!

できましたぁ〜!!

| 1/4PAGES | >>