profile

 メッセージやお仕事の依頼

 わかりにくて、申し訳ありません。
 こちらから、よろしくお願いします。
 カスタム
 ご自分のバイクは自己責任で  整備して下さい。
 
 

categories

TOP

パーツチェック



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

archives

900R Collection Bana



 

 MYニンジャアルバム

www.flickr.com
tackbon7's お気に入り photoset tackbon7's お気に入り photoset

ブログ登録バナー

mobile

qrcode

search this site.

サイドカバーレスサイドカバー2014 リザーバー移設バージョン

リザーバータンク移設

サイドカバーレスサイドカバー2014リザーバータンク移設してるライダーバージョン

リザーバータンク移設

ぱっと見ぃわ、わかりませんが、ラジエターのリザーバータンクのスペース確保してません。


リザーバータンク移設
こんな感じですね。

リザーバータンク移設
スカチューンNinjaには、このバージョンですね。
ニンジャのサイドカバーの形状に加工、テールカウルの途切れたイメージから変化をつけます!

車両やカスタム程度の個体差を吸収すべく、微調整機能付きですぜ!

リザーバータンク移設
 

GPZ900R サイドカバーレスサイドカバー2014

サイドカバーレスサイドカバー2014

GPZ900R サイドカバーレスサイドカバー 2014
形状の変更はないものの、可能な限り汎用性を高めるための微調整済
それぞれの忍者の仕様によっては、多少カットや削る部分は、必要あるかもしれませんが
それは、それぞれで合わせてくださいね。
可能な限りの微調整機能は、ついてますので!

サイドカバーレスサイドカバー2014

前も後ろもボルト緩めて位置調整できるようになってるのは、以前と変ってませんし....

もちろん世界最強のポチ!も 変わりなく活躍してます。

サイドカバーレスサイドカバー2014


このあたりのカット形状が、簡略化してあります。

サイドカバーレスサイドカバー2014

リザーバータンクとそのキャップの干渉部分。
ケツあげの具合で、位置が変わってくるので、それぞれに対応させるようにこの形状。

これ以上なら、カットか削ってくだせぇ〜!!
アルミなので、簡単に削れる! やりすぎ注意です。

サイドカバーレスサイドカバー2014

これで印象が、がらっと変わりますぜ!


サイドカバーレス GPZ。

サイドカバーレスサイドカバー2014

GPZサイドカバーレス

GPZ900Rサイドカバーレスサイドカバー
激レアカスタムアイテム 久々かな....。
男前仕様のGPZには、これです!

初期の頃は、細かい仕様で作成してましたが、2014では、
計測数字をまとめて、現在の写真形状です。

2種で完結。
これは、ラジエターのリザーバータンク移設せず、ケツあげはしたものの
本来の位置にあるタイプ!

GPZサイドカバーレス

今回、間違って作成しちゃいました。わはは。
某コークション出品予定ということで......。

ケツはノーマル

 ノーマルバージョン

さて、アクセス数のやたら多かった、サイドカバーレス関係のニンジャページ
この写真も画像検索でもよく上がってくるもの

サイドカバーレスNinja

そんなことで、今回はシートレールノーマルバージョン。
ケツ上げ度が大きいほど、干渉しない部分。ラジエター液のタンク。

ノーマルバージョンでは、これぐらいのスペースが必要のようです。
上写真のケツ上げ度だと、カットなし、やや形状違いでクリアできたところ。

一番難しいところでもあります。

ノーマルバージョン

予想外にこのフックもカツカツまで調整しないと、うまくいきません。ひぃ〜。
ノーマルシートレールのほうが、スペシャルだという事です。
難しい部分なんだ。

で。↓こちらは、さすが、世界最強のポチ。 問題なさそうです。

ノーマルバージョン


サイドカバーレス.....魅力な分、奥が深いです。

ノーマルバージョン



サイドカバーレス フレームカバーのほは、調整部分をつけたことで、対応OK

ノーマルバージョン


保護シートは、調整、装着後にオーナー様に剥がしてもらうがいいです。
自分の車両に合えば、固定しちゃってもいいので、それから、塗装等の仕上げをすると良いですね。

ノーマルバージョン


どんな仕上がりのNinjaになるのか、楽しみですね〜。 ノーマルシートレールバージョン。

ノーマルバージョン



シートフレームオンリーケツ上げサイドカバーレス

 改良

シートレールのみでケツ上げバージョン。
(シートは、さわらず使用するタイプ)

シートが下がってくる部分の数字をいただけたので、改良!そして決定!!

改良

シートの位置が、かなり下にくるため、フックが上にかなりとび出ます。
誤差は、調整ネジで調整です。

改良

私の想像をはるかに上回る位置です。

サイドカバーが割れると言っておられたのが、わかります。
下からどれぐらいか位置は上げるようにサイドカバーをとりつけるのでしょうが、
シートとの隙間がどうなるんだと....と考えてしまいます。
ギリギリいけるんでしょう〜♪

ラジエターのタンクは、元の位置をキープしシートフレームについているので、
干渉します。 カット処理で逃げます。
ちなみに私のニンジャの場合は、干渉しません。
シートフレームが上がった分、下げるように取り付けてるので.....。


改良


そんなこんなで
シートフレームオンリーケツ上げバージョン!サイドカバーレスサイドカバーは、
この仕様になることが、ようやくわかりました。


改良

サイドカバーレス!フル調整機能

 サイドカバーレス親切設計

考えぬきました。
サイドカバーレスサイドカバーの前後とも 調整可能になります。

お〜! われながら すごい!!

テールカウルとのチリ合わせ
そしてシートとの隙間。または、タンク上げなどによるつじつま合わせ!!


あとは、お好みに塗装するかカーボンハッタリ....ね。

| 1/4PAGES | >>