profile

 メッセージなど

 いつも!ありがとうございます。

お問い合わせ
  ↓

  時々メールチェック
しています。
すぐに気が付かない
場合があります。


カスタム
 ご自分のバイクは自己責任で  整備して下さい。
 
 

categories

TOP

パーツチェック



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

archives

900R Collection Bana



 

 MYニンジャアルバム

www.flickr.com
tackbon7's お気に入り photoset tackbon7's お気に入り photoset

ブログ登録バナー

mobile

qrcode

search this site.

2011年 GPZ900R Collection 宜しくお願いします。

2011

KAWASAKI GPZ900R

2011年 あけまして、おめでとうございます。

今年も 宜しくお願いします。

Merry Christmas GPZ900R Ninja 2010

xmas

メリークリスマス
ニンジャ乗りのみなさま。良いクリスマスを!!

サンタもニンジャでやってくる!!


A6カラー ホイールゴールド 車高UP

ニンジャ車高アップ03

ニンジャ車高アップ04


最後の16インチ A6カラー

zx900r-a6_03cg

1989年に私が新車で購入した時のカラーリングです。
このパターンのカラーが、この時、初めてだったようで、その事すら知りませんでした。
まわりの友人に、カワサキは、やっぱライムグリーンやで!とかニンジャらしくない色とか
色々言われてしまい、少し悔しい思いをしましたが、今となれば、このカラーだから
購入したんだろうなぁ〜と思います。

zx900r-a6_05cg

16インチ最終の型で、生産中止という噂でした。
AVDS(アンチノーズダイブ)もこれが最後、次の型では、廃止されてます。


映画トップガンカラー GPZ900R

 

映画TOP GUNで、トム・クルーズがGPZ900R Ninja-A2で登場したのは、有名な話ですね。
このカラーリングは、海外純正カラーには、ないんですよね〜。(国内G1エボニー×ファイアクラッカーレッドのフェンダー違い?でもアンダーカウルは違う。)
泥がついて汚れているニンジャには、ワッペンが貼られており、これがとってもカッコイイ!!
戦闘機F-15と一緒に走行するシーンは、どんなバイクよりも速いんだ!!と思えました。

トップガンカラーは、やはり現在、見かける事は少なくなったし、まんまトップガンカラーは、ペインティングしないとトム・クルーズの乗るニンジャのようにはならない。
A-2で、アメリカ仕様のエボニーが登場しましたが、ラインの感じからすろと、なぜかG1のほうが近い。
トム・クルーズが、ワザワザG1を輸入してたりしてねぇ〜。 そらは、ありえないよな。
外装のみ? ここは、やはり謎なんですね。

さて。上の映像は、以前にもアップしましたが、再度ピックアップします。
よく見ると、F-15との滑走シーンですが、Fフェンダーあたりに変なモノが見えてます。
左手を上げるトム・クルーズですが、そのニンジャの後輪は、まわっていません。
ナンバープレートは?
ニンジャ乗りなら、雰囲気わかるかも知れませんが、サスの動きに違和感?
あのガクガクふわふわした感じをイメージして乗ってる時があります。

これらは、安全フレームの外になり、編集する側では、見えていますが、TV等では、隠れてしまうんですよね。

GPz900R TOP GUN 003

アンダーカウル!!
ニンジャ乗りは、アンダーカウルをとって乗る方のほうが多いですね。
本当は、アンダーカウルが付いてるほうがCD値も良いしエンジンの冷却効果も高いと聞きます。
アンダーカウルを外した状態のトップガンカラーを見ると、頭のほうが、なにやら引き締りすぎて
アッパーカウルの存在感が弱くなります。
ここで、アンダーカウル、サイドカウルが付いてると、もう少し違うイメージになりますが.....。

GPz900R TOP GUN 003b

泥だらけのニンジャの効果。
簡単に汚してレンダリングしてみると、アッパーカウルが真っ黒で引き締ってるよりも
バランスよく見えたりもします。灰色、白っぽい色がプラスされて、膨張して感じます。
いつも泥だらけで、乗る?  泥をデザインしますか!! あはは。

さてさて、そこで、HoneyDip:Reborn の にく肉さんのニンジャですが、
カラーリングにこだわって、アッパーカウルを赤ラインが追加し、バランスをとっておられます。

GPz900R TOP GUN 003

こんな感じのカラーリングですね。
そのままトップガンカラーと比較するとよくわかると思います。
アッパーカウルに入る、赤い部分の重要性とサイドカウル、アンダーカウルにある赤
それを省いたニンジャに赤のFフェンダーが、華やかなイメージに変ります。



カラーリングで変るイメージ

あけまして! おめでとう!

虎gpz900r_03

あけまして!おめでとうございます!
今年も、どうぞよろしくお願いします。

タイガーニンジャにしてみました。

続きを読む >>

| 1/2PAGES | >>