profile

 メッセージなど

 いつも!ありがとうございます。

お問い合わせ
  ↓

  時々メールチェック
しています。
すぐに気が付かない
場合があります。


カスタム
 ご自分のバイクは自己責任で  整備して下さい。
 
 

categories

TOP

パーツチェック



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

archives

900R Collection Bana



 

 MYニンジャアルバム

www.flickr.com
tackbon7's お気に入り photoset tackbon7's お気に入り photoset

ブログ登録バナー

mobile

qrcode

search this site.

ラジエターグリルの下のフィンを廃止

整流効果向上

アンダーカウルの形状も気に入ったし、少し前から気になりだしてた
ラジエターグリルの下のフィンを廃止しました。
下からの風もラジエターに取り込んでる気になるフィンでしたが.....。

整流効果向上

スッキリしてアンダーカウルまで、違和感なく目がいくほうがいいかな。
純正ラジエターのカスタムアイテムとしては、今となれば、外せない....。
個性みたいなもんになっちゃってるぅ。

ハーレーのカスタムの世界には、ラジエターをカスタムしてるモノがありますね。
ニンジャの世界には、あまり見かけない....。

走りに徹したバイクには、邪魔なアイテムかもしれないけれど  もしかしたら
整流を考えきれたら、同じサイズのラジエターでも、より冷却効果のあるグリルが誕生するかも。

冬は冷えすぎず、風のあたる部分を制御できていて、夏はフィンの効果による速攻冷却!
みたいな....ね。

ふふふ。   水温系が楽しくなるんでしょうな。

整流効果向上

軽く掃除しておきました。
アルミだと、磨くとすぐ綺麗になるもんですね。磨きすぎないように磨きました。


KAWASAKI GPZ900R 純正ラジエターにカバー

純正ラジエターカバー01

ずっと保留だったラジエターのカバー!
時間が経つと冷静に見えますね。何を考えてたのでしょう〜。ははは。
その時は、本気で考えてたんですよ。
その思いを流してしまうのも、せっかくなんで最後まで、見てみます。

ニンジャの全体のデザインからすると、その当時から今現在、そしてこれからも、かっこいいままです。

本当は、いらないんですよ!!

楽しむのは、自由なので、やって見るのも大事.....かな。
最近のヤツは、デザインのポイントの一つにもなってるし.....・


夜の撮影!ラジエターグリル3型! 最終型ということで....。

夜の撮影GPZ

バイクを夜撮影するのは、わりと難しいもんです。
シャッター速度等もありますが、やはりライティングは重要ですね。
って。プロじゃないけど、こだわりたい!

市街地や自然の環境を利用して撮影するのが、面白いです。
レフ板等は、一人だし使えない。あたりまえだけど....。

最近のコダワリは、メインとなるライト探しです。
それを、バイクの何処にあてるのか.....。カメラは、そのバイクをどこから狙うのか!

それとそれと。写りこむ環境!!
これ!意外に重要ポイントかも!

キラキラして見えたり、渋くみえたり、こだわれば、いつもと違う表情がみれるかもです。

あ。それで。この前Fフォークのオイル交換の時に、見てたら、べったり沈み込んだら
干渉するのが気になった。
実際のブレーキングで、べったり沈み込むことはないだろうが、とっさの急ブレーキだと
どうなるのか....。
そんな事を考えるなら、新形状を考えるほうがいい!

あれから、更にアイデアを出し、かっこよい形状を試行錯誤。で、ついに、これ!

グリル3型

こんな感じです。最近のくるまの顔面もスポーツ車に多いラインどりの形状。
これを、グリルにするとどうなるのかを考えましたよ〜。

1型よりかっこよくならないとね。でようやくカッコイイポイントが1型より上回ったので
3型として、装着です!!

グリル3型別角度

悩んでみるもんですね。


GPZ900R ラジエターグリル

ラジエターグリル04

GPZ900Rのカスタムといえば、ビッグラジエターですね。
そこを純正のまま、かっちょい〜カスタムはないかと、色々考えていてですね。
小さくても存在感あれば、そこそこのモノになるように思いアルミでグリルを作成。
装着してみた。

ラジエターグリル06

よく考えたら、みんなラジエターってむき出しなんですよね〜。
最近のバイク見てたら、DAEGは、サイドにカバーしてあったり....。

でも、アミしてありますよね。
たまに、カッコイイデザインのアミ?があったりします。
レーサーを意識したカスタムなら、そのままがカッコイイと思いますが、
私のような、レーサー仕様までにならないヤツには、そのままのラジエターに
不満もあるもんです。

ラジエターグリル05

風を上へ流すウィングついてます。
1箇所のネジ式の調整で角度が変ります。
小さい面積に少しでも多くの風を送ります。

ボ〜ングリル?


よせて、あげる と冷却効果は?

ラジエターグリル02

しかし、可変ダウンフォースじゃなくて....
小さいラジエター君には、新型「よせてあげる」タイプのモノで
風を下からも、ぐぐぐっと集めます。


しかし、真ん中部分で壁作ってるので、どうよ? 
ま。正面から当たる風の面積は一緒なので、どっかに流れ込むんでしょうな。


ninjaとハーレーのカスタム

ペーパーモデル02

ハーレーのカスタムも色々ありますが、ニンジャとは、やはり方向性が全く違う。
同じバイクだけど、当然タイプが違います。
ニンジャGPZ900Rは、もう、誕生して25年になり、最新バイクには、かなわない。
しかし!ニンジャ魂は、最速ニンジャを今も信じて追ってか、カスタムもレースでも
負けないような仕様のカッコイイカスタムが多い。

ハーレーも同じようなカスタムもありますが、だいたいは、違う方向で、
クールだったりホットだったりの方向で、大人びたカスタム(表現が変だな)がある。
マフラーの取り回しが綺麗な曲線を描いてたり、フェンダーも美しい造形のものがあったりしますね。
エンジンもかっこいいしね〜。
ネットで色々見てみたりしますが、アンダーカウルやシートなどアルミで綺麗な形状の
パーツを組んで、オリジナリティーあふれるカッコイイハーレーをみた。

ペーパーモデル01

ユーロスタイルカスタムハーレー そんな事を考えながら忍者にも......。
ちょっと試してみたいけれど、いきなり慣れないデザインを手がけるには、パワーいるし
気になってる箇所をちょっと.....。


| 1/2PAGES | >>